奨学金の返済に困窮し

真っ当な社会人として生活をしているつもりなのですが、 節約をしても収入が低いためにお金に困ってしまう事が頻?にありました。 普通の社会人として身分相応に暮らしているのですが、 大学生時代の奨学金の返済が月に5万円もあるのです。 就職活動を頑張らずに給与の高い職業に就けなかった自分が悪い、 と言われてしまえばそれまでですが、 贅沢をせず、本職場に許しを得て副業をしていても奨学金の五万円返済のために 困窮してしまい、モビットのカードローンで一時しのぎのお金を借りました。 借金をしてしまうと他人から批判をされてしまう、 といった世間体に怯えていたのですが、 滅多な事では他人にカードローンの利用が分かる事は無い、 というシステムにて安心ができました。 モビットも利用者が安心できるように、 他人にカードローン利用が露見する事が無いよう気を使ってくれている会社のようでした。

ショッピングのふりをしてモビット無人機へ

近所のショッピングモールの近くにモビットの無人機がありますので、 私は必要書類である免許証を持ち、 平日の昼間にささっと無人契約機まで出向きました。 ショッピングに来たんですよ、という雰囲気を醸し出しながら さり気なく人通りが少ないのを見計らって入れるモビットの無人機の 設置場所に感謝をしつつ入りました。 監視カメラがあるので見られているんだろうなあ、 という意識を感じつつも現場は無人、というのがちょっと安心できました。 モビットのカードローン契約のために必要な記入事項は意外にも沢山ありましたが、 嘘を吐かない、という事だけを気をつけていればすらすら書けました。 年収など、少し多めに書きたくなってしまう心理が働いてしまいましたが、 カードローンの機関というのはそういった嘘も分かってしまうのではないかな、 と怖れたのでなるべく正直に書き込みました。 不慣れなカードローン契約であっても、プロであるモビットスタッフに 任せていれば契約完了できるものです。